スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文

2007年02月20日 11:11

自分は昔から自分の気持ちを言葉で表現するのがとても苦手です。それは今も変わりません。オープンマインドな人は友達もできやすいでしょうし、なにより第一印象から違います。なので普段はできる限り、演技とは言いませんが、内気な自分を押し殺して人と接するようにしています。

しかし、アートは論文(評論文)を書くことと切っても切れない関係にあります。論文は、それこそ、自分の思想を言葉にできなければ話にならないものです。人と話すのと違い、論文では表情や言葉遣いでごまかす事も難しくなります。自分のアートステイトメント(自己紹介のようなもの)すら上手く書けない自分が、他のアーティストの評論をするなんて100万年早いってもんです。しかし、やらなければいけないものはやるしかない…。

今も頼まれ物の評論文を書かなければいけない状況です。しかも、期限は明日。やだやだ!と言っていられない。アートジャーナリストの語彙の多さと表現力を尊敬します。

自分で書いた論文に自分のサインをしたくない…。だって自分が書いたってわかってしまうじゃないか。誰も読まないでー。これが本心です…。ダメなやつだなぁ。

author:oldgold
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://neodadaists.blog93.fc2.com/tb.php/14-0b447174
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。