スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無制作意欲

2007年10月20日 15:11

このブログを読んでくださっている方は、どれ程居られるのでしょうか。もし、少しでもそういう方が居られて、少しでも私の書く文章を楽しみにしていただいて居られるなら、長い間更新をせずに申し訳ありませんでした。

まだショウは終わっていません。開催予定は春先になっています。ただいまかなりのスピードで準備中です。その忙しさに耐えかねて(精神的な圧力の方に参ったのですが)、ただいま猛スピードの中を自分ひとりがただじっとたたずんでいる状態です。ここしばらくはスタジオに立ち入ることすらせず、進んで他のことに時間を割こうとしています。現実逃避ですね。始まること(始めるべきこと)の大きさに正面から立ち向かえないでいるのです。

ほんの少しの理念以外は全て地中深くに埋められてしまったようです。アートとは何だろうか。何の為に。誰の為に。私の理念は正しいのか。ほんの少し表に顔出す理念さえも、少しの振動で枯れてしまうものなのかもしれない。私は何をする為に生存しているのか。アートをする為か。アートとは何なんだ。それをすることの意味は。自己形成。自己昇華。自己満足。無生産者。

アーティストの存在意義を教えてください。私には飢えに耐え、無から意義を作り出す力などあるのでしょうか。他のアーティストにはあるのでしょうか。アーティスト以外の大多数の人々はアーティストに何を求めるのでしょうか。求められる物を形にするのがアーティストなのか。端から求められてなどいないのか。

author:oldgold
スポンサーサイト


コメント

  1. アカネ | URL | tGuBn3nQ

    アートをするのはある意味で生きていくためにもなります。何かを創造しないと生きていけないかもしれない。という気分になったことはありませんか?創造しているその瞬間手から伝えてくる感じこそ今自分は生きているんだというのをもっとはっきりしてくれました。
    そんな命を入れた作品を見るある方が少しでも何かを感じてくれればそこでその人との会話となり、アートはコミュ二ケーションになると思います。
    個人的には生きているアートは特別に存在していると思います。

  2. 岩手もり子 | URL | -

    芸術

    >アートとは何だろうか。
    この問いは芸術では解決できません。なぜなら人間とは何かという問いに芸術では答えがでないからです。アートを生み出す本である人間自体が分からずして、その人間によって生み出されたアートは一体何なのか、絶対分かりようがないからです。

    >それをすることの意味は。
    芸術活動の意味は「生きるため」です。自殺した芸術家でさえそうです。芸術に限らず政治や経済、医学、科学、倫理、道徳などは私たちが「生きるため」に存在しています。

    >私は何をする為に生存しているのか。
    芸術活動をする為に生きているのではありません。つまり生きる為に生きているのではありません。では生きるのは何のためか?幸せになるためです。芸術とは生きる手段であり目的ではないのです。

    >アーティストの存在意義を教えてください。
    本当に芸術家の存在意義に答えようとすれば、まず人間の存在意義について答えられなければなりません。なぜならアーティス以前に私たちは人間なのですから。

  3. paaNya | URL | ixXWfG2A

    はじめまして。

    はじめまして〜フラっと寄りました。
    いま同じ気分です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://neodadaists.blog93.fc2.com/tb.php/19-5d02f4fd
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。