スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハプニング-パフォーマンスアート-

2007年02月11日 10:01

パーフォーマンスアートって何?それはアーティストが作り出す最終的な物(芸術作品)は大事じゃない、それよりもその物を作る過程に意味があるって考えのアーティストが新しく考え出した一つのアートの表現方法です。

元々はジャクソン・ポロックの1940年代にはじめたアクションぺインティングが「パフォーマンスアート-過程を見せるアート-」の始まりになると思いますが、1950年代にアラン・カプローが予告なしに街中にタイヤを大量に置いたりして、新しいアートだって言い始めました。街中だから、アートに関心の無い人々も彼のアートの中に巻き込まれます。それが、「ハプニング」のあり方。カプローはアーティストとそれを見る人の隔たりをできるだけ少なくしたかったのです。Art and Life の始まりです。

ハプニングでは数人のアーティストが一つの建物を3つに仕切り、6パートに分れた18のパフォーマンスアート(ハプニング)を見せました。18のハプニングは関係性をもたせた連続の違うパフォーマンスだったり、全く違う他のパフォーマンスと同時に進行したりしました。観客は色んなハプニングに見舞われます。アートの中に生きている状態です。観劇との違いは、巻き込まれ方が半端じゃないってことでしょうか。それに台本も構成もありません。その即興性も見所でした。1950年代から1960年代初めまで幾度かのハプニングはカプローを始め、ロバート・ラウシェンバーグ、ジム・ダイン、レッド・グルームスなどかなり多数の有名なアーティストによって行われました。

体にペイントを塗られる裸の女性がいたり、狂人の様に歩き回るパフォーマンスがあったり、建物を焼こうとしたり、それは今までに見られたアートとはずいぶん違う物でした。

ところで、これってアートなの?うーん・・・やっぱりアートなんでしょうね。見る人に何らかの感情を引き起こさせることを企んだ人が、何かを作り出し、それによって見る人の心を(どういう方向であっても)動かす。その時点でアートなんですね。でもこれもアートと言えるなら、美大などに行ってデッサンをしまくったり、色の勉強をしたり、美術史(アートセオリーとか)を習ったり、必要じゃなくなったのかな?難しい問題だなぁ。でもタイヤを置いたり、建物を燃やすのに、筆の使い方の勉強はいらないしなぁ。それなら、心理学を学ぶ方が必要かもしれない。

みなさんはどう思われますか?

author:oldgold

*追記*
本を読み返すと、アラン・カプローはハプニングの後に、タイヤを積んだアート「ヤード」を行ったようです。順序を逆に書いてしまいました。すみません。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://neodadaists.blog93.fc2.com/tb.php/4-e976d81f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。